糖尿病には4つの種類があり、いわゆる中年男性がなりやすい1型、2型、そしてホルモンの分泌から発生する妊娠糖尿病、さらに遺伝子の異常などが原因の先天性の糖尿病もあります。

ここで、そのうちもっとも代表的な、1型と2型の糖尿病についてまとめていきます。
1型はすい臓が生成、分泌するインスリンが極端に少ない、もしくは生成されないというものです。
2型が中年男性がなりやすい糖尿病で、運動不足、偏った食生活などの生活習慣によってインスリンが不足することで発症するものです。

ここで、その2型の糖尿病予防について、まとめていきます。

2型糖尿病の治療は、食事と運動を見直すことに尽きる

糖尿病患者のほとんどは、この2型の糖尿病になります。
日本の糖尿病患者数のうち、およそ95%が2型糖尿病とされており、糖質の多い食事をとっていながら運動不足の方や、頻繁に間食をしている方、そして甘いものに目がない方が発症の可能性があります。
文字通り、糖尿が出るのが糖尿病で、まず血中の糖分が増加します。

糖分はすい臓から分泌される、インスリンという成分によって筋肉や肝臓へ運ばれたり、運動によってエネルギーとして使われます。
そして、使われなかった分は脂肪として蓄積されていきます。

脂肪が蓄積される状態が、いわゆる糖尿病予備軍という状態です。
そのまま何もせずにどんどん蓄積していくことで、糖尿病が発症します。
そのため、肥満体形の方に多く見られる病でもあります。
糖尿病の判断は、空腹時の血糖値が、126mg/dl以上で糖尿病となります。

糖尿病は、すぐに何らかの症状がでる、というわけではありません。
そこがあまり真剣に向き合われないポイントになります。
糖尿病の怖さは、合併症にあります。むしろ、糖尿病の合併症がすべてといっても過言ではないほどです。

血中の糖分は血管の表面を傷つけるため動脈硬化などを引き起こすうえ、免疫力の低下も招くため、あらゆる病気を引き起こす引き金となるのです。
糖尿病を予防することが、命を左右するほど大切なことになります。

まずは食事の見直しから

糖尿病予防には運動と食生活の見直しが何よりも大切です。
毎日必ず食事をしますので、まずは食生活の見直しからやるのがおすすめです。

まず現在の糖尿病予防の代表格であり、最初におすすめしたいのが、糖質制限です。
糖尿病は文字通り、糖質が多いために発生するものですので、糖分を抑えることを最初にやりましょう。

特に大切なのが「GI値」の高い食材を減らすことです。
GI値とは摂取することで急激に血糖値が上昇する食材のことで砂糖、グラニュー糖といった単糖などが該当します。

これらは消化の過程をへずに腸に行き、そのまま吸収されてしまうため、血糖値への反映も素早いのです。
ケーキやお菓子など直接振りかけられているようなものはもちろん、ジュースなどの清涼飲料水も大きく血糖値を上げます。

白米、パンなども糖質制限によって摂取量を抑える食べ物ですが、それらは多糖類になります。
多糖類は消化して、それから腸へ行き血中へと流れますので、血糖値の上昇は緩やかです。
しかし、最終的には糖質になりますので、控える必要があるのです。

糖尿病予防のためには、それらの摂取量を減らして、食物繊維を含んだ食材を増やすことがポイントです。
食物繊維は消化されずに腸へと行き、便の元となるものですので、血糖値の上昇を抑えるのはもちろん、胃腸を整えて健康にすることにもつながります。

糖質の吸収を抑えるのに最も簡単で、役立つ食材ですので、是非とも毎食とりいれたいものになります。

運動は短時間、少量のものでも大丈夫

そして次が、運動です。
糖質は運動をするときのエネルギーになります。
逆に、運動をしないで糖質をたくさんとれば、脂肪となって体内にとどまります。
摂取した糖質を放出するためにも、運動が必要なのです。

血糖値を下げる運動は、有酸素運動が一番おすすめです。
有酸素運動は文字通り大量の酸素を消費する運動です。
ウォーキングやランニング、水泳など、体全身を使うような運動が該当します。

ベストな有酸素運動の時間は、大体食後30分から1時間後、お風呂に入るのに最適な時間と同じです。
脂肪を燃焼しやすい体を作るのに、有酸素運動は非常に有効な手段になります。
30分から1時間という時間は、食べ物が腸へと届き、糖質の吸収が始まった瞬間ともいえるぐらい、丁度いい時間ですので、この時に運動を始めることで、効率よく糖質をエネルギーとして消費できます。

もちろん、ただ単に痩せるのにも、有酸素運動はおすすめです。
その場合には毎日の習慣として空腹時に実施するのも問題はありませんが、もしすでに痩せている人が糖尿病予防のために糖質制限をしながら有酸素運動をすると、低血糖と言い逆に血糖値が低くなりすぎる可能性があります。
運動も食事ももちろんですが、この糖質制限に関しても、バランスよくやっていくようにしましょう。