シミ、シワの予防には紫外線対策が重要になりますが、シミ、シワができてしまった場合にはレーザー治療での除去という方法があります。
シミやシワの種類によって使用するレーザーも違いますし、レーザー治療にはメリットやデメリットもあります。今回はレーザー治療の種類や気をつけたい点について解説していきます。

①レーザー治療の種類

1)フォトフェイシャル(IPL)

インテルス・パルス・ライトという光を照射する施術です。そばかす、くすみ、炎症性色素沈着などに使用されます。
フォトフェイシャルはシミの施術と同時に、光エネルギーをお肌に与えるので皮膚を活性化し、コラーゲンを再生させます。コラーゲンが増加することお肌のハリがよみがえってきます。

2)フォトトリートメント(メディラックス)

フォトトリートメント、もしくはメディラックスは主にそばかすの治療に使用されるレーザーで顔の赤みやくすみなどにも効果があります。皮膚に沈着したメラニン色素だけを浮き上がらせてシミを除去することができます。

3)Qスイッチヤグレーザーとは?

濃いシミやあざなどに使用されるレーザーです。皮膚の表面から深部まで広い範囲の色素の異常に反応するため、比較的広範囲のシミにも対応します。ほぼ1回の施術でシミを除去できるのも大きな特徴です。

4)レーザートーニングとは?

レーザートーニングの大きな特徴としてはくすみだけでなく、肝斑にも使用できることです。また、施術してすぐにメイクが可能なことも女性にとってはうれしい治療法ですね。

5)炭酸ガスレーザーとは?

高齢者に多く見られる脂漏性角化症に使用されるレーザーです。脂漏性角化症は簡単に言うと老人性のシミやイボのことです。炭酸ガスレーザーの場合には局部麻酔を使用します。

②レーザー治療のメリット、デメリット

女子にとっては顔のシミは大問題です。できることなら全部レーザーで除去したいくらいですよね。でも「顔にレーザーを当てるのは恐い」とか「レーザーの熱でよけいシミができたりしないの?」など不安もあると思います。クリニックに行く前にメリットとデメリットを確認しておきましょう。

1)レーザー治療のメリット

・シミなどの沈着したメラニン色素だけに反応するので、健康な肌には影響がありません。
・シミをとるにはセルフケアだと数年かかることもありますが、1回から数回の施術で効果を実感できます。

2)レーザー治療のデメリット

・レーザーの種類によっては施術後、軟膏を塗る、ガーゼ交換をするなどのアフターケアが必要になる場合があります。
・施術後、シミが悪化してしまうケースもあります。

③レーザー治療する前に気をつけておきたいこと

夏になってからあわててUVケアを始める方も多いのではないでしょうか。シミの原因である紫外線のピークは7~8月ですが、紫外線は4月頃から急激に増え始め、9月頃まではまだまだ降り注いでいますので十分なケアが必要です。

紫外線がお肌に蓄積されると衰えも蓄積されていきます。赤ちゃんの肌がすべすべでマットで綺麗なのは紫外線による影響がまだ蓄積されていないからなんですね。外出する時は日焼け止めや日傘で紫外線からお肌を守ることをお忘れなく。

また、紫外線対策には食生活の工夫も大切なこと。紫外線対策にはビタミンCを採ることが有効なのですが、ビタミンCが多いとされているレモンなどの柑橘類には「ソラレン」という成分が含まれています。このソラレンは実は紫外線を吸収してしまう性質を持っており、日焼けしてしまう可能性が高くなります。

ソラレンは食べてから2時間くらいで体にいきわたるので、柑橘類を食べるのは外出前ではなく、夜、家に帰ってから食べることをおすすめします。
果物からビタミンCを採りたい場合はイチゴをおすすめします。抗酸化物質を豊富に含んでいますので、活性酸素の働きを抑え、メラニン色素の生成を抑えてくれます。