ピーリングで美肌を取り戻したい!

どんなに若くたってシミやシワは気になるもの。逆に若くて綺麗な素肌だからちょっとしたシミが気になったりしますよね。すっぴんの美しい素肌をキープするにはお肌のターンオーバーがきちんとしていることが大切。夜更かしやスキンケアに手抜きをするとあっという間にターンオーバーのサイクルが乱れ、新陳代謝が悪くなって古い角質がお肌に残ってしまう場合があります。

お肌に残った古い角質がシミやシワの元になります。
綺麗な素肌を保つために、ピーリングケアをとりいれてみてはいかがでしょう。

健やかで美しい素肌を維持するためには、肌のターンオーバーがきちんと働き、新陳代謝によって古い角質層の排除が正常に行われることが重要になりますが、年齢を重ねるとターンオーバーが若い頃に比べてサイクルが遅れやすくなるため、シミやシワの原因となる危険があります。

年齢を重ねても美肌を手に入れるためにも、ピーリングケアを行うことで定期的に肌表面に蓄積してしまう古い角質をきれいに除去し肌のコンディションを整えるケアが注目されています。

ピーリングって具体的にはどんなこと?

ピーリングとは簡単に言うと新しい皮膚を作りやすくするために、お肌に残った古い角質を綺麗に取り除くことです。
医学的にも認められているフェイスケアであり、シミ、そばかすの原因になりやすいメラニン色素を効果的に除去します。

特に美容外科などでのピーリングはAHAやBHAといった皮膚を溶かす成分やたんぱく質を変性させる作用のある成分を塗布するため、古い角質を取り除いて新しい皮膚を作り出す効果が高いと言われています。

最近ではセルフケア用のピーリング化粧品も販売されているので、自宅でも気軽にピーリングにチャレンジできるようになってきました。市販のピーリング化粧品はクリニックで使用されるものよりマイルドな処方になっているので、お肌への負担が少なく、手軽にピーリングを体験できます。

ただピーリングをした後はいつもよりお肌が刺激を受けやすくなっているので、保湿等のスキンケアを忘れずに。

クリニックでのピーリングはどんな感じ?

どうせピーリングをするなら効果が高い方がいいという方にはクリニックでのピーリングが人気です。専門家の施術であれば安心感もありますね。
ピーリングにはケミカルピーリングとレーザーピーリングがあります。その違いについて紹介していきます。

・薬で溶かすケミカルピーリング

その名の通り、ケミカル、つまり化学薬品をつかうピーリングです。使われる薬剤はAHA(α-ヒドロキシ酸)やBHA(β-ヒドロキシ酸)を使って古い角質を薬剤で落とす方法です。
AHAはフルーツ酸とも言われ、植物由来の成分なので刺激が弱く、なおかつ即効性があると言われています。ただ、化学薬品を使うため、肌トラブルの起こる可能性もあります。

・レーザーで焼くレーザーピーリング

レーザーを使うのでレーザーピーリングと言います。薬剤を肌に塗るわけではないので薬剤に弱い方でも施術できます。レーザーを肌に照射して、肌に沈着した黒い角質を焼いて取り除く方法です。レーザーピーリングはちょっと費用がお高めになることが多いです。

・クリスタルピーリング

最近はクリスタルピーリングというピーリングも注目されています。アルミニウムの微粒子をお肌に吹きかけながらそれを同時に吸引することでお肌表面の古い角質を除去するという施術法です。
こちらも化学薬品を使わないので薬剤が合わないお肌の方に向いています。

まずは自宅でピーリング体験してみては

ケミカルにしてもレーザーにしてもクリニックでのピーリングはちょっと予算がかかるのがつらいところです。1回10,000円近い施術料は厳しいという方は、まず自宅でセルフケアをしてみてはいかがでしょう。

最近はAHAを配合したピーリング用の化粧品も市販されていますので、クリニックよりもお手軽に体験することができます。市販のピーリング化粧品はクリニックで使用されるものよりも成分量が少ないため、クリニックと同様の効果は期待できませんが、まずはピーリングがどんなものか体験してみてはいかがでしょうか