シミは一種類だけじゃない

シミは年を取ったら出てくるというものではありません。若くたってシミはできちゃいます。シミになる原因の一番は紫外線。紫外線の刺激でシミの元となるメラニン色素が作られ、そのメラニン色素が皮膚に沈着してしまったものがシミです。年齢だけがシミの原因ではないんです。シミにもいろいろ種類があって、「肝斑」「炎症後色素沈着」「光線性花弁状色素斑」と言われるものがあります。

また、メラニン色素が皮膚に沈着する原因は紫外線だけではないのです。食生活の乱れやホルモンバランスの乱れ、またストレスもありますし、遺伝的にシミの出やすい人もいます。これらの原因が重なってシミができると言われています。

①「肝斑」ってどんなシミ?

肝斑は年齢が高くなるにつれて見られるようになるシミです。主に女性に多く見られるシミで、30代から40代に多発します。また、女性ホルモンが肝斑に関係があると言われていて、妊娠した時などにできることもあります。

年齢を重ねても肝斑が出ないよう予防をするには、できるだけ紫外線を避けることです。外出する際には日焼け止めを忘れず、日傘などを使って紫外線からお肌を守りましょう。日傘は決しておばちゃんだけのアイテムではなく、紫外線を避けるのに有効なアイテムです。
また、UVケア化粧品や美白化粧品などを使っての毎日のスキンケアも大切です。ただ、顔のお肌はボディに比べてデリケートに出来ていますので、優しく丁寧にお手入れしましょう。あまり刺激を与えるとシミが濃くなってしまうこともあります。

スキンケアだけでなく、シミに効果があるとされる食材を採ることでシミを作りにくくすることもできます。ビタミンCやビタミンEはメラニンの生成を抑える作用があると言われており、抗酸化作用がありますのでシミの防止には有効とされています。ビタミンCやビタミンEはベリー類、トマト、鮭などに豊富に含まれています。

②炎症後色素沈着ってどんなシミ?

「炎症後色素沈着」というと難しく聞こえますが、実はよくあるシミです。ニキビや肌のかぶれ、またヤケドなどによってお肌が炎症を起こした後にできてしまうシミのことです。
炎症が起こった後はお肌が自分でお肌を守ろうとしてメラニン色素を生成します。そのメラニン色素が代謝されず沈着してしまうとシミになるのです。大体は1~2年で新陳代謝により自然に消えてしまうことが多いのですが、ひどくなると残ったままになってしまいます。

炎症後色素沈着を防ぐにはニキビケアなどをしてお肌に炎症を作らないことが一番ですが、できてしまった場合にはそれ以上ニキビを増やさず、お肌の炎症を悪化させないことが大事です。気をつけたいことはなるべくお肌を紫外線に当てないようにすることです。
また、お肌のお手入れだけでなく食生活もお肌に影響を与えています。ビタミンCなど抗酸化作用のある食材を意識的に採るようにしましょう。

炎症後色素沈着はヤケドと同じく、できるだけ早い治療が有効とされています。あまりよくならない場合は炎症になる前に皮膚科などに行って相談してみてください。
また、シミになってしまった時でも今はレーザーなどでシミを治療することもできます。お値段はちょっとかかりますがシミで悩んでしまった時は美容皮膚科などで相談してみるのもいいでしょう。

③光線性花弁状色素班というシミ

あまり聞いたことがないかもしれませんがシミには「光線性花弁状色素斑」というシミもあります。海好きの方は気をつけたいシミで、ビーチなどで長時間強烈な紫外線を浴びて日焼けした後にできるシミです。花びらが散ったような形に見えることから花弁状色素班という名前が付けられました。

このシミは、日焼けをして黒くなる前に赤くなってしまうタイプのお肌の方にできやすいシミです。赤くなりやすい人は特に紫外線を避ける必要があります。ビーチやプールではUVケアはもちろんですが、日焼け止めよりもラッシュガードなどでお肌を守り、紫外線を地肌に浴びないようにしたいものです。

「日焼けしたい」「黒い方が可愛い」という気持ちもわかりますが、強い紫外線を浴び続けることでシミだけでなく、皮膚がんのリスクも高くなりますので、綺麗な肌を保ちたいのなら日焼けは大敵です。
長時間ビーチなどにいて赤くなったりヒリヒリした場合にはすぐに冷やしましょう。日焼けはヤケドと同じことなので、何はともあれ冷やすことが悪化させないポイントです。